検索
  • 西原 司

50年ぶりの発見

報道等でご存じかと思います。ニホンカモシカが新居浜市別子山で目撃されました。愛媛県では50年以上目撃情報がなく、愛媛県レッドデ一タブックでは絶滅と区分されていた。僕はこのてのニュースってすごく好きです。50年間、人間と距離を置き、どうやって過ごしていたんだろうかと素人ながら思います。愛媛県レッドデータブックには、乳類では、オオカミが絶滅。カワウソが絶滅危惧1A類などに分類されている。


カワウソは愛媛県の県獣であり、皆さんも馴染みがあると思います。僕が県議一期生の頃、ニホンカワウソの痕跡等が発見されて、調査が行われたと記憶をしていますが、その後生息痕跡が発見されていない。何処で、人間が知らない愛媛の自然環境の中で生きててほしい。

今回発見されたニホンカモシカも本当は、人間に発見されたくなかったはず…愛媛の自然界でこれからも生きてほしい。国の天然記念物である以上、私達も見守りながら、生息に関する調査は引き続き行ってほしいと思います。


愛媛県におけるニホンカモシカ発見情報↓ https://www.pref.ehime.jp/h15800/choujyu/documents/japaneseserow_leaflet.pdf






3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日の報道について

本日の報道について いつもお世話になっております。本日、一部のマスコミ報道において、私の高速道路におけるスピード違反について、報道がありました。 昨日(7月25日日曜日)午後12時11分頃、高速道路松山道下り線、新居浜から松山に向かう道中、東温市則之内付近を走行中、本来80㌔で走行しなければいけないところを27㌔超過、107㌔で走行し速度違反にて摘発を受けました。 松山での政治活動の為に、急いでい